昭和大学で婦人科腫瘍に長らく携わって来られた飯塚先生が、この度自由が丘で開業されました。

乳腺外科と婦人科は一見関わりないようにも思われますが、乳がん術後タモキシフェン中には子宮体癌の定期検査が必要になることと、遺伝性乳癌卵巣癌症候群のリスクの評価などで何かとやり取りすることも多い関係です。

先日は内覧会を開催されていましたのでご挨拶がてら行ってまいりました。

女性の目線で作られた柔らかく暖かい雰囲気の内装で、優しいスタッフの方に案内して頂きました。何より遺伝性腫瘍含め婦人科腫瘍のエキスパートの先生がいらっしゃるとのことで、今後頼りにさせて頂きたいと思います。

自由が丘ちあきレディースクリニック