運動が乳がんを予防する効果があることは知られていますが、子どもの頃の運動も乳がんになりにくさと関係があるとの論文が、5月のBreast Cancer Research and Treatmentに掲載されました。

5-19歳で週に7時間以上運動をしていた群の人は、週1時間未満の群に比べ、大人になってからの乳がん発症者が少なかったというものです。

未来ある若者にはよく運動して健康維持して頂きたいものです。すでに大人になってしまった皆さんも、今からの運動でも乳がんリスクを下げることはできますので、あきらめずがんばりましょう!