マンモグラフィは乳がんを見つけるには大変有用な検査なのですが、弱点もあります。

マンモグラフィでは乳腺は白く、脂肪は黒く映ります。乳腺の量が多い乳房(高濃度乳腺)では、白い乳腺に隠されて白いしこりが見つけづらくなります。高濃度乳腺の方は、マンモグラフィ検診だけでなく、超音波も組み合わせることをご検討ください。ただし、超音波検査は心配しなくてもよい良性病変も異常な病変として検出されてしまうことがあり、本来不要な精密検査や経過観察が必要になることもあります。

当院では検診マンモグラフィを受けられた方には乳腺濃度のお知らせをしております。今後の検診を考える上での情報として頂ければと思います。

乳癌画像診断ネットワークでも高濃度乳腺についての情報が得られます。